Reuters logo
オープンドア Research Memo(8):2020年3月期には認知率50%を目指す
2017年7月3日 / 06:12 / 3ヶ月前

オープンドア Research Memo(8):2020年3月期には認知率50%を目指す


*15:08JST オープンドア Research Memo(8):2020年3月期には認知率50%を目指す
■今後の見通し

2. 中期成長イメージ
旅行業界におけるトップブランドの認知率は約70%であり、「トラベルコ」は2020年3月期を目途に50%を目指している。売上げに直接的に寄与するUUの上昇は、認知率に加えメジャーブランドとしてのイメージの定着率に比例すると考えられるため、UU数・売上げについても認知率上昇カーブに遅れて連動し、成長すると予想している。

なお、マス広告についてはメジャー感を維持するため、一定額を継続投資するものとして想定している。また、売上げが認知率と比例して成長するためには商品の価格競争力も重要であるが、これについてはオープンドア3926の強みであり今後も維持できるものと想定している。

(1) トラベルコ(国内市場)
2018年3月期の取り組みとして、「トラベルコ」(国内市場)では、既存メニューの強化・アプリ化や、口コミ情報の拡充に加えて、「トラベルコマップ」アプリのコンテンツ拡充を計画している。また、2017年3月に起きた旅行会社の倒産等の対策として掲載基準の厳格化や、キュレ—ションサイトの盗用疑惑の対策として旅のプロによる口コミ情報の拡充など、利便性の向上と信頼性の向上に取り組んでいる。

(2) Travelko(海外及びインバウンド市場)
「Travelko」(海外・インバウンド市場)では、各国ローカル旅行会社との連携強化、民泊・パッケージツアー・オプショナルツアー予約の開始、多言語での国内口コミ情報強化や訪日メディアへのシステム提供などを推進する計画となっている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)


《NB》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below