Reuters logo
中電工 Research Memo(4):豊富な資金を持続的成長のための投資と株主還元に振り向ける
2017年7月3日 / 06:12 / 3ヶ月前

中電工 Research Memo(4):豊富な資金を持続的成長のための投資と株主還元に振り向ける


*15:06JST 中電工 Research Memo(4):豊富な資金を持続的成長のための投資と株主還元に振り向ける
■事業概要

3. 電力系工事会社9社の財務指標
(1) 電力会社への売上高依存度
地域電力会社は、それぞれ系列の工事会社の筆頭株主になっている。出資比率が最も高いのは北海電気工事1832で、北海道電力9509の所有株比率は51.1%になる。北海電気工事の親会社への売上高依存度は、2017年3月期で77.5%になった。2番目のトーエネック1946は、中部電力9502の所有株比率が50.0%、売上高依存度は46.5%であった。中電工1941が進出している都市圏を地盤とする関電工1942は、所有株比率が46.1%、売上高依存度は39.1%、同様にきんでん1944はそれぞれ33.6%、19.3%、九電工1959は22.8%、15.4%であった。同社は、37.4%、30.6%となる。都市圏は、電力会社以外の電気工事が豊富にあることから、売上高依存度が低くなる傾向にある。同社は、都市圏の事業を積極的に拡大することを成長戦略の柱としている。

(2) 売上高と受注高・次期繰越高
2011年度以降、受注高が売上高を上回っており、次期繰越高が増加傾向にある。配電線工事は、期中受注、期中完工のため、受注残高がほとんどなく、次期繰越高は主に屋内電気工事、空調管工事、発送変電工事で生じる。2017年3月期の売上高を100として、同期の受注高と次期繰越高の金額を比較した。電力会社への売上高依存度が高い北海電気工事は、受注高が売上高を上回る114であったが、次期繰越高は44と小さい。一方、都市圏の関電工はそれぞれ116と84、きんでんが106と78、九電工が114と86となった。同社は、108と57であった。同社でさえも、人的リソースの制約から受注高を増加させることは困難としており、都市圏の電力系工事会社も同様な状況にあると思われる。

(3) ROE(自己資本当期純利益率)
同社の2017年3月期における経営総合指標となるROEは4.3%、ROA(総資産経常利益率)は4.5%であった。9社平均ROE(8.1%)とROA(6.5%)を下回った。同社の売上高経常利益率8.0%、売上高当期純利益率6.3%が平均(6.5%と4.5%)を上回っており、収益性は高い。一方、資産の効率を表す総資産回転率が0.56回(平均:1.03回)と財務レバレッジが1.22倍(同1.81倍)と低い。自己資本比率(財務レバレッジの逆数)が81.5%と財務の安全性が高いものの、これまで十分生かせていなかった。同社は、持続的成長のための投資と株主還元を積極的に行っている。昨年度は250万株の自社株買いと1株当たり72円の高配当を行った。総合還元性向が98.1%となり、株主還元にも積極的だ。

(4) DOE(連結株主資本配当率)、年間1株当たり配当金と配当性向
2017年3月期の電力系工事会社9社の平均DOEは1.8%であった。最も高い九電工が3.8%、それに同社の2.0%が続いた。1株当たり配当金は、同社の72円が最も高く、配当性向の44.9%も九電工の21.4%を大きく上回った。同社は、DOEの目処を2018年3月期から2.5%に引き上げ、1株当たり配当金を94円、配当性向を65.7%に高めることを公表している。

4. 労働者の雇用状況
厚生労働省の「労働経済動向調査」によると、労働者の過不足状況判断指数(D.I.)は2017年2月調査で38と甚だしい人手不足に陥っている。雇用は、経営の最重要課題となっている。「労働者過不足判断D.I.」とは、「不足」と回答した事業所の割合から「過剰」と回答した事業所の割合を差し引いた値である。リーマンショック前の2008年2月調査の正社員労働者の調査産業計のD.I.は27であったが、バブル崩壊後の2009年2月時点で△11(過剰)まで落ち込んだ。全体の推移(24→△11→38)に比べて、建設業のD.I.の推移は27→△8→47となり、現状は極めて不足感が強い。

同社の従業員数は、2008年3月末において個別が4,006人、連結で4,426人であった。2017年3月期末では、個別が2008年3月期比13.8%減の3,457人、連結が同5.9%減の4,167人となった。個別の減少幅が大きいのは、一部子会社への転籍などがあったためである。連結は、M&Aなどもあり、2015年3月期の4,063人をボトムに増加傾向にある。2017年4月の新卒入社は132人、昨年度の中途採用は10数人であった。今年度は、150人の新規採用を計画している。

一時は、従業員の年齢構成に大きな山があったが、近年は一定数の継続採用により世代間の断層が小さくなった。年齢別従業員構成比は、19~29歳が30%、30~39歳が16%、40~49歳が27%、50~59歳が11%、60歳以上が15%と40歳未満が半分弱を占めている。技術力・施工能力の向上のために、若手社員に資格取得を奨励し、会社として特に力を入れてサポートしている。それが提案営業につながり、高付加価値を生む好循環となっている。

女性の管理職や技術職への拡大を図る「女性活躍推進への取組み」に関する行動計画を作成し、女性社員比率の向上や女性管理職の登用拡大に取り組んでいる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below