Reuters logo
中電工 Research Memo(6):高水準の期首繰越高により堅調な業績見通し
2017年7月3日 / 06:12 / 3ヶ月前

中電工 Research Memo(6):高水準の期首繰越高により堅調な業績見通し


*15:10JST 中電工 Research Memo(6):高水準の期首繰越高により堅調な業績見通し
■今後の見通し

● 2018年3月期の業績見通し
中電工1941の2018年3月期通期の連結業績として、売上高で前期比4.8%増の155,000百万円、営業利益で同1.3%増の9,800百万円、経常利益で同1.1%増の12,000百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同13.7%減の8,000百万円を予想している。営業利益が伸び悩むのは、売上総利益率を都市圏での厳しい競争環境を織り込んで0.6ポイント低下で想定するとともに、継続した成長投資により前年度並みの販管費としているためである。当期純利益の減少は、前期あった固定資産処分益(1,027百万円)を考慮していないためである

期首の繰越高が今期予想売上高に占める割合は、屋内電気工事が75.5%、空調管工事が66.3%とかつてないレベルに上がった。マンパワーの制約から、受注高を大きく伸ばせる状況にないため、人材育成や協力会社との協働体制の整備に重点を置く。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below