Reuters logo
エネクス Research Memo(13):既存事業の強化と戦略的・新規案件の推進で部門ポートフォリオ再構築を目指す
2017年7月5日 / 08:10 / 3ヶ月前

エネクス Research Memo(13):既存事業の強化と戦略的・新規案件の推進で部門ポートフォリオ再構築を目指す


*17:05JST エネクス Research Memo(13):既存事業の強化と戦略的・新規案件の推進で部門ポートフォリオ再構築を目指す
■新中期経営計画と成長戦略

(4) 産業エネルギー・流通部門
同部門の取り組みは、既存事業にあってはバリューチェーン(販売・流通・仕入)の最適化を図り収益性向上につなげることがまず挙げられる。さらに、既存ネットワークの周辺ビジネスや派生ビジネスの追求や、装置産業の特性に照らしてファシリティマネジメントの体制充実によるコスト構造再構築なども課題になってくるとみられる。

戦略的・新規取り組み案件としては、環境リサイクルビジネスやバイオジェット燃料プロジェクトへの参画が挙げられる。前者は再生油やフライアッシュの事業で、収益ビジネスとしての本格スタートの直前にまで迫っている状況だ。後者については、伊藤忠エネクス8133はユーグレナ2931の事業パートナーの1社として国産バイオ燃料計画に参加してきたが、2017年6月の第三者割当増資を引き受け、2019年の実証プラント稼働に向けて関係・取り組みの強化方針を明確にした。

業績面では、2018年3月期及び2019年3月期の営業利益をそれぞれ、2,100百万円(前期換算額比4.5%減)、2,400百万円(前期比14.3%増)と計画している。2018年3月期については、アスファルトの価格好転などはあるものの、全般に販売数量の減少で横ばいから減益を想定しているとみられる。2019年3月期については、東京オリンピックを控えてアスファルトの需要回復や、バンカーオイル(船舶燃料)の底打ちなどによる増益を見込んでいるもようだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)

《MW》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below