Reuters logo
桑山 Research Memo(12):市況に左右されやすい業種ながら経営指標は安定的、課題は資産収益率の低さ
2017年7月9日 / 23:01 / 3ヶ月前

桑山 Research Memo(12):市況に左右されやすい業種ながら経営指標は安定的、課題は資産収益率の低さ


*08:00JST 桑山 Research Memo(12):市況に左右されやすい業種ながら経営指標は安定的、課題は資産収益率の低さ
■業績動向と今後の見通し

4. 安定的な経営指標
市況に左右されやすい業種ながら経営指標は比較的安定感があるように見える。特に安全性指標はいずれもバランスがよく、全般的に改善への意志も見られる。しかしながら、課題は1)資産収益率の低さ、2)収益性(特に総利益率)の回復遅れ、3)棚卸資産回転率の悪化の3点にあると考える。

桑山7889の資産収益性、特に自己資本当期利益率(ROE)は低水準と考える。一般論として2ケタは欲しいが、メドは8%となるだろう。同社の場合、自己資本比率が50%程度なので、利益率を改善することでROEを上げていくのがよいと思われる。次に、売上高総利益率の回復が鈍いと考える。当然、貴金属相場や加工賃収入など同社の総利益構造を考えると、総利益率の水準を問題にするのはナンセンスなので、言い換えて販管費とのバランス後の営業利益率を高める必要があるということだ。ひいてはROEの向上につながる。棚卸資産回転率も悪化している。在庫額自体は減っているし、為替や広州工場稼働の影響もあるだろうが、貴金属市況が低位にあることを考えると改善してほしい指標である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below