Reuters logo
システム ディ Research Memo(4):全事業で大規模案件計上に加え、ストック収入が大きく拡大し、大幅増収増益
2017年7月13日 / 06:48 / 2ヶ月前

システム ディ Research Memo(4):全事業で大規模案件計上に加え、ストック収入が大きく拡大し、大幅増収増益


*15:44JST システム ディ Research Memo(4):全事業で大規模案件計上に加え、ストック収入が大きく拡大し、大幅増収増益
■業績の動向

● 2017年10月期第2四半期決算の概要
システム ディ3804の2017年10月期第2四半期決算は、売上高1,815百万円(前年同期比21.0%増)、営業利益300百万円(同129.6%増)、経常利益296百万円(同134.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益200百万円(同145.8%増)と、大幅な増収増益で着地した。

2017年10月期第2四半期決算が好調だったのは、先行3事業(学園、ウェルネス、ソフトエンジニアリング)が堅調に推移したことに加えて、かねてより成長源と期待していた新規2事業(公教育、公会計)が大きく業績を伸ばしたことが要因だ。とりわけ、大規模案件の売上高が全事業部門においてみられたことが、2017年10月期第2四半期における特徴的な事象と言えるだろう。

また、営業利益率が2017年10月期第2四半期は16.6%と大きく改善したのは、パッケージソフトの品質向上による高収益化や、利益率が高いサポート、メンテナンス、クラウドによるストック収入の伸長がある。パッケージソフトを手離れよく販売することや、ストック収入の伸長は売上高の増加に対して販管費の増加が相対的に小さいことにつながる。すなわち、売上高販管費率の低下だ。2017年10月期第2四半期決算においては、売上高販管費率は24.8%に低下した。

詳細は後述するが、同社は成長戦略のスローガンとして『V&V Business』を打ち出している。2つのVはValueとVolumeであり、Value Businessとは大規模事業者向けに高価格のカスタマイズソフトの販売を意味している。一方、Volume Businessは小規模事業者向けにクラウドサービスによる拡販を意味している。上述したように、2017年10月期第2四半期はValue BusinessとVolume Businessの双方で大きな進捗がみられ、業績の大幅な伸長につながった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below