Reuters logo
システム ディ Research Memo(7):健康増進支援ソフト『Weldy Cloud』に成長余地
2017年7月13日 / 06:53 / 2ヶ月前

システム ディ Research Memo(7):健康増進支援ソフト『Weldy Cloud』に成長余地


*15:47JST システム ディ Research Memo(7):健康増進支援ソフト『Weldy Cloud』に成長余地
■システム ディ3804の中長期の成長戦略と事業部門別取り組み状況

3. ウェルネスソリューション事業
ウェルネスソリューション事業ではスポーツ施設運営支援システムの『Hello EX』と、アンチエイジング・健康増進支援サービス『Weldy Cloud』を展開している。

事業の中心は『Hello EX』で、クラウド版や公共体育施設向けなどのバリエーションをそろえ、民間及び公共施設双方で契約企業を伸ばしている。成長戦略は学園ソリューション事業と同様に、『V&V Business』を基本にパッケージソフトのバージョンアップによる高収益化で臨んでいる。一方、『Weldy Cloud』は顧客契約数では『Hello EX』に遠く及ばない状況だが、展示会等のイベントでの評価は高く、それらは契約獲得という形で着実に収益を伸ばしている状況だ。

2017年10月期第2四半期は、『Hello EX』と『Weldy Cloud』双方でValue Business(大規模事業者向け)で進捗があり、前年同期比増収増益で着地したもようだ。『Hello EX』においてもサービス提供形態についてはクラウド化が進みつつあり、サポート収入と合わせてストック収入の構成比が高まってきていることが利益増加につながっていると弊社ではみている。2017年10月期下期から2018年10月期にかけては、『Weldy Cloud』が展示会等への積極出展によって本格的にブレークするかどうかに注目していきたいと弊社では考えている。また、スポーツ施設運営支援ソフトでは、自治体の公共施設向けで成長余地があるとみている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below