Reuters logo
注目銘柄ダイジェスト(前場):ファーストリテ、JSR、戸田工など
2017年7月14日 / 02:44 / 2ヶ月前

注目銘柄ダイジェスト(前場):ファーストリテ、JSR、戸田工など


*11:39JST 注目銘柄ダイジェスト(前場):ファーストリテ、JSR、戸田工など
ファーストリテ9983:34600円(-1620円)
大幅続落。前日に第3四半期の決算発表を行っている。累計営業利益は1806億円で前年同期比24%増益となった。上半期の同31%増益からは増益率が鈍化、通期予想の37%増益に対して進捗遅れも懸念される状況に。国内ユニクロ事業における、円安による原価率の上昇、人件費や物流費の増加などが増益率鈍化の背景とみられる。JPモルガン証券では、市場予想との乖離が縮小したとして、投資判断を「ニュートラル」に格下げしている。


JSR4185:2034円(+61円)
大幅続伸。第1四半期営業利益は100億円前後になったもようとの観測報道が伝わっている。日本基準では前年同期実績は56億円であり、大幅増益の形となっている。80億円程度の市場予想も大きく上振れている。合成ゴム製品の値上げ効果などが寄与したようだ。通期業績コンセンサスが切り上がる方向とみられる。なお、日ゼオン4205など他の合成ゴムメーカーにも連想感が波及する展開に。


DIC4631:4145円(-130円)
大幅続落。上半期営業利益は前年同期比4%増の270億円程度になったもようとの観測報道が伝わっている。化粧品向けの顔料や液晶材料などが好調で増益を確保したが、一部原料価格の上昇などによる採算悪化で、従来予想の280億円は下振れる形のようだ。市場予想も会社計画線であったとみられる。なお、通期予想は据え置きの公算とされているが、市場では会社計画上振れとの見方が多かったとみられる。


タカタ7312:97円(-8円)
買い先行もマイナス転換。民事再生法の適用申請が伝わって以降株価は急落、7月7日には最安値15円をつけていたが、連日で買い進まれる展開になっている。安値から株価は10倍の水準にまで上昇。ただ、会社側で正式に民事再生手続開始申立を行ったことにより、7月27日には上場廃止となる見込みである。上場廃止後に100%減資となる可能性は非常に高いとみられる。前場中頃に上げ幅を消し、マイナスに転じており完全なババ抜き感覚のマネーゲームに。


戸田工4100:326円(+20円)
急伸。電動車シフトの可能性の高まりを背景に、足元では電気自動車関連銘柄の強い動きが目立ってきている。本日の一部特集記事では、電動車は一過性のブームではないなどともされており、一段と関連銘柄への関心が高まる状況に。同社はリチウムイオン電池正極材で、ドイツのBASFと合弁展開している。同社のほかにも、本日は安永7271、ダブル・スコープ6619などの電気自動車関連が値を飛ばしている。


UTグループ2146:2029円(+55円)
8日続伸で上場来高値更新。子会社のUTテクノロジーが製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアとサービスを提供する米シーメンスPLMソフトウェアの日本法人と「Consulting & System Integrationパートナー」契約を締結したと発表している。IoT(モノのインターネット)やPLMソリューションの導入支援、機能開発、運用サポート等のコンサルティング及びシステム・インテグレーション事業におけるアライアンスに合意した。


夢の街創造委2484:1194円(+44円)
急反発。朝方に一時1289円まで上昇する場面があった。株主優待制度を導入すると発表している。毎年8月末時点で100株(1単元)以上保有する株主が対象となり、同社の運営する宅配デリバリーサイト「出前館」で利用できる金券(Visaギフトカード)を贈呈する。優待金額は保有期間に応じて変わり、1年未満の場合は3000円分となる。17年8月末時点の株主より実施するという。


ハーモニック6324:4285円(+185円)
上場来高値更新。17年4-6月期(第1四半期)の受注高・売上高実績(単体)を発表している。売上高は前年同期比28.9%増の83.52億円、受注高は同2.8倍の179.85億円となり、ともに四半期ベースにおける過去最高額となった。受注動向では産業用ロボット向けが大幅に増加したほか、半導体製造装置向け、フラットパネルディスプレイ製造装置向け、金属工作機械向けなどその他の主要用途向けも増加したという。


シンプロメンテ6086:4605円(-150円)
急反落。一時4370円まで下落する場面があった。17年3-5月期(第1四半期)決算を発表している。売上高は前年同期比12.6%増の14.90億円、営業利益は同31.4%増の0.71億円と増収増益で着地した。ただ、株価は業績期待を背景に上昇が続いていたため、本日は発表を受けて短期的な材料出尽くし感が先行したようだ。なお、18年2月期の通期業績については、営業利益で前期比16.3%増の3.00億円とする従来予想を据え置いている。


《DM》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below