Reuters logo
プラザクリエイト Research Memo(8):店舗拡大が成長戦略。上場企業としての強みを生かして着実な出店を推進へ
2017年7月14日 / 07:29 / 2ヶ月前

プラザクリエイト Research Memo(8):店舗拡大が成長戦略。上場企業としての強みを生かして着実な出店を推進へ


*16:22JST プラザクリエイト Research Memo(8):店舗拡大が成長戦略。上場企業としての強みを生かして着実な出店を推進へ
■プラザクリエイト7502の中長期の成長戦略

4. モバイル事業の成長戦略
モバイル事業は、前述のように順調に業容拡大が進んでいる。継続契約手数料を獲得するストック型収益モデルを基本とするが、一定の解約は生じることもあり、成長のためには新規契約獲得は重要なポイントだ。そのためには新規出店が不可欠で、それがそのまま成長戦略の核心ということができる。

既に飽和が叫ばれて久しいモバイルショップ・ビジネスだが、大手キャリアによるキャリアショップ再編の動きは続いている。同社は上場企業として財務基盤やコンプライアンス経営などの面で高い信用を獲得しており、これまでの実績とも合わせて、再編の動きの中で新規出店のチャンスを獲得できる立場にあると弊社ではみている。

2017年3月期はワイモバイル店舗8店とソフトバンク店舗5店の計13店を出店し(一方で2店舗を閉鎖)、期末の店舗数は91店舗に達した。2018年3月期はさらに10店程度の新規出店を行い、期末の店舗数を100店舗の大台へ乗せる方針だ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below