Reuters logo
プラザクリエイト Research Memo(11):継続的・安定的な配当維持を基本方針。2017年3月期は7円配を実施
2017年7月14日 / 07:34 / 2ヶ月前

プラザクリエイト Research Memo(11):継続的・安定的な配当維持を基本方針。2017年3月期は7円配を実施


*16:26JST プラザクリエイト Research Memo(11):継続的・安定的な配当維持を基本方針。2017年3月期は7円配を実施
■株主還元策

プラザクリエイト7502は株主還元について配当によることを基本としている。公約配当性向の定めはないが、過去の推移を見ると配当性向30%を1つの目安としていることが読み取れる。しかしここ数年は同社の構造改革で利益水準が大きく低下し、配当性向ではなく配当の安定性の見地から、配当額が決定される状況となっている。

2017年3月期について同社は、事前予想どおり7円の配当を実施した。経営環境や業績を考慮しながら継続的・安定的な配当を維持するという基本方針に基づいた判断と考えられる。2016年3月期は大幅な当期損失となったことでその前の年に比べて2円減配したが、2017年3月期はほぼ損益トントンにまで戻したことから、平年並みの7円に戻した。

2018年3月期については、前期比横ばいの7円の配当予想が公表されている。継続的・安定的な配当の維持という基本方針と、当期利益の黒字転換見通しに照らせば妥当な予想だと弊社では考えている。2018年3月期の業績見通しは控え目というのが弊社の見方ではあるが、配当については過去の推移に照らして慎重に想定しておくべきだと考えている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《TN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below