Reuters logo
14日の香港市場概況:反発も上値は重い、米中イベントを控えて様子見ムードに
2014年7月14日 / 18:18 / 3年前

14日の香港市場概況:反発も上値は重い、米中イベントを控えて様子見ムードに


*18:14JST 14日の香港市場概況:反発も上値は重い、米中イベントを控えて様子見ムードに

14日の香港市場では主要指数のハンセン指数が反発となり、前営業日比113.22ポイント高(+0.49%)の23346.67で取引を終えた。H株指数(本土企業株で構成)は同78.16ポイント高(+0.75%)の10457.77、レッドチップ指数(中資企業株で構成)は同30.13ポイント高(+0.68%)の4472.78だった。

ハンセン指数は終日堅調に推移。前週末の米国株高やこの日の本土株高が支援材料。また、足元で香港ドル相場の高止まりが続いていることや、サッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会の終了に伴い、市場への資金流入観測が強まった。ただ、今週はイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言や中国の4-6月期の国内総生産(GDP)を控えており、その内容を見極めたいとの思惑から上値の重い推移が続いた。

ハンセン指数の構成銘柄では、本土系通信セクターが高い。中国聯通(00762/HK)が4.72%高、中国移動(00941/HK)が2.55%高となり、指数の上昇を主導した。両社と中国電信(00728/HK)の3社は11日の取引終了後、共同で基地局の建設・保守を手掛ける新会社を設立することを発表。インフラの共有化により、投資効率の向上やコスト圧縮が期待されている。

半面、カジノセクターが安く、銀河娯楽(00027/HK)が1.12%安、サンズ・チャイナ(01928/HK)が0.87%安で引けた。シティグループでは、今年のマカオのVIP向けカジノ収入が前年比で1%減少すると予測。従来予想の同2.5%増から下方修正した。このほか、長江実業(00001/HK)や新鴻基地産(00016/HK)など香港系不動産株の一角が売られた。

ハンセン銘柄以外では、比亜迪(BYD:01211/HK)が3.81%上昇。中国政府が公用車への新エネルギー車導入を拡大させる方針を示したことが買い手掛かりに。政府は先ごろ、新エネ車の購入税免除(2017年末まで)を発表したばかりだ。このほか、UBSによる投資判断引き上げを手掛かりに、瑞声科技(02018/HK)が1.68%値を上げた。


《KO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below