Reuters logo
31日の中国本土市場概況:反発、上海総合は後場に買い戻され2200台を回復
2014年7月31日 / 17:03 / 3年前

31日の中国本土市場概況:反発、上海総合は後場に買い戻され2200台を回復


*17:07JST 31日の中国本土市場概況:反発、上海総合は後場に買い戻され2200台を回復

31日の中国本土市場は反発。上海総合指数は前日比20.32ポイント高(+0.93%)の2201.56、深セン成分指数は同103.68ポイント高(+1.32%)の7956.91だった。

上海総合指数は大引けにかけて上げ幅を拡大。終値で昨年12月12日以来、約7カ月半ぶりに節目の2200ptを回復した。短期的な過熱感から利益確定売りが強まる中、前日終値近辺でのもみ合いを続けていたものの、相場の底堅さを確認すると買い戻しが優勢に。地方政府レベルでの住宅購入制限の緩和が進んでいることに加え、市場への資金流入期待が引き続き支援材料となった。また、翌8月1日に政府版の7月製造業購買担当者景気指数(PMI)の発表を控え、景気の先行きに楽観的な見通しが広がった。

不動産市場を巡っては、新たに浙江省の寧波市が住宅購入規制を廃止したと伝わった。浙江省では今週に入り、杭州、温州などで相次いで規制が緩和されているという。このほか、上海・香港間の株式相互取引の開始に向け、来月11日に1回目のテストが行われるとの情報が伝わったほか、景気回復などを背景に海外の機関投資家によるA株買いが加速していると報じられた。

セクター別では、石炭や非鉄金属など素材関連が大きく上昇し、相場を押し上げた。また、中国中鉄(601390/CH)など鉄道関連も総じて高い。タイ当局が、同国と中国を結ぶ高速鉄道の建設を認可したとの報道が材料視された。このほか、電気自動車(EV)の充電設備関連が上昇した。中国政府がEV充電ステーション向けの電気料金優遇策を打ち出したことが好感された。


《KO》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below