Reuters logo
26日の中国本土市場概況:上海総合は6日続伸、約7年4カ月ぶり高値
2015年5月26日 / 08:10 / 2年前

26日の中国本土市場概況:上海総合は6日続伸、約7年4カ月ぶり高値


*17:07JST 26日の中国本土市場概況:上海総合は6日続伸、約7年4カ月ぶり高値
26日の本土マーケットは値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比97.10ポイント(2.02%)高の4910.90ポイントと6日続伸した。約7年4カ月ぶりの高値水準に達している。上海A株指数は101.61ポイント(2.02%)高の5143.05ポイント。外貨建てB株相場も上昇。上海B株指数が12.06ポイント(2.42%)高の509.96ポイント、深センB株指数は1.65ポイント(0.11%)高の1572.11ポイントで引けた。

前日までの好地合いを継ぐ。足元で売買代金が急増していることを背景に、株価の先高感が強まっている。年金運用改革や本土・香港の投資ファンド販売解禁などを通じ、資金が流入するとの思惑も引き続き支えになった。

時価総額上位の銘柄に動意がみられないなか、中小型株が物色される。なかでも、軍需関連株が高い。政府系造船大手の中国船舶重工(601989/SH)とレーダーや無線機器の安徽四創電子(600990/SH)がそろって値幅制限いっぱいまで買われ、航空機用機械メーカーの中航機載電子(600372/SH)が8.7%上昇した。それぞれ上場来高値を更新している。

中国政府が26日、「中国の軍事戦略白書(国防白書)」を発表したことが手がかり。「国防力の強化を一段と加速する」との方針が示されたことで、需要増の思惑が強まった。ゼネコンや建材、発電設備などのインフラ関連株も急伸する。発電やガスの公益株、自動車株、不動産株なども上げが目立った。

ハイテク株やバイオ株が多く、成長性の高いベンチャー企業向け市場の深セン創業板指数は反発。前日比4.33%高の3618.23ポイントに上昇し、3営業日ぶりに指数算出以来の高値を更新した。

【亜州IR】


《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below