Reuters logo
10日の中国本土市場概況:上昇、連休中海外株高などで買い優勢
2016年10月10日 / 08:06 / 1年前

10日の中国本土市場概況:上昇、連休中海外株高などで買い優勢


*17:04JST 10日の中国本土市場概況:上昇、連休中海外株高などで買い優勢
10日の中国本土市場は上昇。上海総合指数は前日比1.45%(43.44ポイント)高の3048.14、深セン成分指数は同1.65%(174.11ポイント)高の10741.69で取引を終えた。

買いが先行した後上げ幅を拡大させ、その後も高値圏でもみ合った。国慶節連休中の海外株高を受け、出遅れた分を補う形で本土市場は買いが先行した。

国内要因では、ネット通信技術の自主革新を加速させるとの習近平・国家主席の発言を受け、同セクターに買いが集中。習主席は、ネット技術が日々進歩しており、社会生活の中に溶け込んでいるほか、世界経済や国家安全などの構図にも影響していると指摘した。中国がネット環境の安全などの技術で大きな前進を示しているものの、世界の先進技術との格差が依然存在していると強調した。

また、国営企業の再編や、供給側の改革などを加速させるとの政府方針も関連銘柄の物色手がかりとなった。

一方、不動産市場の引き締め強化が指数の足かせに。国内の住宅価格の高騰が広がっていることを受け、連休中に多くの地方政府が相次いで不動産引き締め策を発表した。また、人民元安の進行も警戒された。元の対米ドル仲値は1米ドル=6.7元を突破し、約6年ぶりの元安水準となっている。

セクター別では、IT・通信や環境関連が上昇した半面、不動産や金属が安い。上海総合指数の指数構成銘柄では、上昇が1010、下落が93、変わらず140と買いが優勢となった。



《ZN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below