Reuters logo
15日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安と4日ぶり小反落、3200の節目は維持
2016年11月15日 / 08:11 / 1年前

15日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安と4日ぶり小反落、3200の節目は維持


*17:06JST 15日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安と4日ぶり小反落、3200の節目は維持
15日の中国本土マーケットは値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比3.39ポイント(0.11%)安の3206.99ポイントと4日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、3.58ポイント(0.11%)安の3357.77ポイントで取引を終えている。一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数は0.63ポイント(0.18%)高の354.02ポイント、深センB株指数は1.14ポイント(0.10%)安の1170.63ポイントで終了した。

利食い売りが優勢。上海総合指数は前日に3日続伸し、終値で約10カ月ぶりに節目の3200ポイントを回復した後とあって、ひとまず利益を確定する動きが広がった。人民元安への警戒感もくすぶる。中国は2008年のリーマンショック以降、約2年にわたって人民元相場を6.82~6.83人民元台でほぼ固定していたが、15日の対米ドル基準値はこの“警戒線”よりも元安・ドル高水準に設定された(元安設定は8日連続)。もっとも、下値も限定的。今月中にも深セン・香港間の相互取引がスタートするとの期待が根強い中、指数は3200ポイント近辺で下げ渋った。

業種別では、足元で上昇の目立っていたインフラ関連が反落。中国鉄建(601186/SH)が2.1%安、中国中鉄(601390/SH)が1.4%安で引けた。同セクターに関してはこれまで、トランプ次期米大統領の就任が中国の「一帯一路」戦略にとって追い風になる(トランプ新政権は国内政策に重点を置くため、アジア・太平洋での中国のプレゼンスが増すと予測されるため)——との見方などが支援材料となっていた。このほか、江西銅業(600362/SH)が5.1%急落するなど、非鉄株も反落に転じている。

一方、不動産デベロッパー大手の万科企業(000002/SZ)は4.8%高と大きく上昇。同業の中国恒大集団(3333/HK)が同社A株を再び買い増し、持株比率を9%近くまで引き上げた——と報じられた。

(亜州IR)


《MT》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below