Reuters logo
18日の香港市場概況:ハンセン3日ぶり反発、証券株はさえない
2016年11月18日 / 10:17 / 10ヶ月前

18日の香港市場概況:ハンセン3日ぶり反発、証券株はさえない


*19:13JST 18日の香港市場概況:ハンセン3日ぶり反発、証券株はさえない

18日の香港市場は値上がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比81.33ポイント(0.37%)高の22344.21ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が22.77ポイント(0.24%)高の9349.31ポイントと3日ぶりにそろって反発した。売買代金は558億6700万香港ドル(17日は622億9200万香港ドル)に細っている。

昨夜の米株高が追い風。米住宅着工件数の伸び、米新規失業保険申請件数(週間)の減少が明らかとなるなか、米景気の上向きが連想された。ただ、米金利の上昇基調は不安要因。マイナス圏で推移する場面もみられた。

ハンセン指数の構成銘柄では、香港最大手商社の利豊(リー&フン:494/HK)が4.2%高と上げが目立った。同社の販売動向は、米向けが全体の6割を占めている。対米輸出の多い電子部品メーカー大手の瑞声科技HD(AACテクノロジーズ:2018/HK)も2.5%値上がりした。人民元安が進むなか、為替差益の上積みも期待されている。大手ブローカーの投資判断引き上げなども支援材料だ。ブローカーの強気見通しを同じく好感し、通信キャリア大手の中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)も3.9%上昇している。

中国自動車セクターも物色される。吉利汽車HD(175/HK)が6.8%高、広州汽車集団(2238/HK)が3.9%高、長城汽車(2333/HK)が2.5%高、華晨中国汽車HD(ブリリアンス・チャイナ:1114/HK)と比亜迪(BYD:1211/HK)がそろって1.6%高と値を上げた。

半面、中国証券セクターはさえない。広発証券(1776/HK)が1.5%安、海通証券(6837/HK)が1.4%安、中信証券(6030/HK)が1.0%安、中国銀河証券(6881/HK)が0.7%安、華泰証券(HTSC:6886/HK)が0.4%安で引けた。11月21日の取引開始が有力視されていた深セン・香港間「相互乗り入れ」(両株式市場の相互取引)について、スタート日が12月に先送りされる可能性が浮上したことを嫌気。報道によれば、準備の上で問題はないものの、中国側の最終的なゴーサインがまだ出ないという。


【亜州IR】



《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below