Reuters logo
7日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と小反落、消費関連はしっかり
2017年2月7日 / 12:26 / 8ヶ月前

7日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と小反落、消費関連はしっかり


*21:20JST 7日の香港市場概況:ハンセン0.1%安と小反落、消費関連はしっかり
7日の香港市場はまちまち。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比16.67ポイント(0.07%)安の23331.57ポイントと小反落する一方、本土企業株で構成されるH株指数は5.80ポイント(0.06%)高の9846.06ポイントと小幅ながら続伸した。売買代金は687億2500万香港ドルと、前日とほぼ同水準となっている(6日は693億7900万香港ドル)。

引けにかけて下げ渋る展開。中国の政策期待が相場を支えた。国内の重要な政治イベントである「両会(全国人民代表大会と全国人民政治協商会議)」の開催を来月初めに控え、各種の支援策に対する思惑が強まっている。ただ、買い進む動きは限定的。仏大統領選への不安感や、トランプ米政権の不透明感などがマイナス材料だ。

ハンセン指数の構成銘柄では、マカオ・カジノ株の下げが目立つ。金沙中国(サンズ・チャイナ:1928/HK)が2.0%安、銀河娯楽集団(ギャラクシー・エンターテインメント:27/HK)が1.8%安で引けた。米ラスベガス・サンズ傘下の金沙中国に関しては、同社の最高財務責任者(CFO)が先月、就任わずか4カ月で辞任していたことが引き続き材料視されている。

半面、中国消費セクターの一角は物色される。ビール専業会社の華潤ビールHD(291/HK)が4.5%、家電量販チェーン中国大手の国美電器HD(493/HK)が3.0%、婦人靴小売チェーン中国最大手の百麗国際HD(ベル・インターナショナル:1880/HK)が2.8%、百貨店チェーン中国大手の百盛商業集団(パークソン・リテール:3368/HK)が2.3%ずつ値を上げた。

【亜州IR】


《WA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below