Reuters logo
14日の香港市場概況:H株指数は0.6%高と続伸、資源・素材セクターしっかり
2017年3月14日 / 09:32 / 6ヶ月前

14日の香港市場概況:H株指数は0.6%高と続伸、資源・素材セクターしっかり


*18:27JST 14日の香港市場概況:H株指数は0.6%高と続伸、資源・素材セクターしっかり
 

14日の香港市場は本土銘柄が上昇した。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比1.72ポイント(0.01%)安の23827.95ポイントと3日ぶりに小反落する半面、本土企業株で構成されるH株指数は56.52ポイント(0.55%)高の10315.23ポイントと続伸。売買代金は720億700万香港ドルとやや縮小している(13日は864億6400万香港ドル)。

本土銘柄の上昇が相場を下支えする。この日公表された今年1~2月の経済統計は、小売売上高は下振れたものの、鉱工業生産や固定資産投資が上振れた。不動産開発投資も堅調に伸びるなど、概ね良好な結果だったといえる。固定資産投資の伸びを手がかりに、セメントや鉄鋼の素材セクターが上昇。安徽海螺水泥(安徽コンチセメント:914/HK)が3.0%高、華潤水泥HD(チャイナ・リソーシズ・セメント:1313/HK)が0.9%高、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が2.7%高、鞍鋼(347/HK)が2.0%高で引けた。

本土系銀行セクターもしっかり。中国建設銀行(939/HK)が1.6%高、中国銀行(3988/HK)が0.8%高とそろって続伸した。ゴールドマン・サックスの最新リポートでは、中国株の投資判断を「オーバーウエート」に引き上げたうえで、本土系銀行株を選好するとしている。

石炭セクターも上げが目立つ。中国神華能源(1088/HK)が1.4%、エン州煤業(1171/HK)が1.3%、中国中煤能源(1898/HK)が1.0%ずつ値を上げた。

半面、香港系不動産セクターの一角はさえない。新世界発展(17/HK)が1.6%安、恒隆地産(101/HK)が1.2%安、新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ:16/HK)が1.1%安で引けた。域内金利の上昇が警戒される。香港の金利動向は米国に追随するため、米金融政策の動向が不安視された。今週14~15日に開催される米連邦公開市場委員会(FOMC)では、追加利上げが決定されるとの見通しがコンセンサス。金利の先高観を背景に、昨夜の米10年債利回りは節目の2.6%台を再び上回り、約2年8カ月ぶりの高水準で推移した。


【亜州IR】




《SK》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below