Reuters logo
ギリシャの流動性問題めぐる懸念、根拠がない=ムーディーズ
2009年12月2日 / 19:40 / 8年前

ギリシャの流動性問題めぐる懸念、根拠がない=ムーディーズ

 12月2日、ムーディーズ・インベスターズ・サービスは、ギリシャ政府が流動性問題に直面しているとの最近の懸念は正当化されないとの見方示す。写真は8月、スニオン岬にあるポセイドン神殿(2009年 ロイター/Yiorgos Karahalis)

 [アテネ 2日 ロイター] ムーディーズ・インベスターズ・サービスは2日、ギリシャ政府が流動性問題に直面しているとの最近の懸念は正当化されないが、同国の潜在成長力が長期的に衰えれば信用力を阻害する恐れがある、との見方を示した。

 ムーディーズはリポートで「ギリシャ政府が短期的に流動性危機にさらされているかもしれないとの投資家の懸念には根拠がない」と指摘した。

 ムーディーズは10月、同国の外貨建て・自国通貨建て格付け「A1」を格下げ方向で見直すとした上で、見直し理由としては短期的な流動性リスクではなく、同国の潜在成長力をめぐる長期的観点が挙げられるとした。

 同社アナリストのArnaud Mares氏は「ギリシャ政府が今後数年において既存債務の借り換えもしくは財政赤字の埋め合わせが不可能となるリスクについては、他の一部ユーロ圏諸国が抱えるリスクと実質的に変わらない」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below