Reuters logo
アテネの美術館の展示、古代ギリシャの愛や性がテーマ
2009年12月10日 / 04:55 / 8年前

アテネの美術館の展示、古代ギリシャの愛や性がテーマ

 [アテネ 9日 ロイター] ギリシャの首都アテネのキクラデス美術ミュージアムで今月、古代ギリシャの神々や君主の性や愛をテーマにした展示が始まる。 

 12月9日、アテネのキクラデス美術ミュージアムで始まる古代ギリシャの性や愛をテーマにした展示で一般公開される「エロス」の像。4日撮影(2009年 ロイター/Yiorgos Karahalis)

 男性器の形をしたランプや、粘土に彫られたラブレターなどが含まれるこの展示は、12月10から2010年4月まで開催される。280点のコレクションは、ルーブル美術館を含む、フランスやギリシャ、キプロス、イタリアの50の美術館から集められたものだ。

 美術館側は、古代の人々は官能的な作品にほとんど抵抗を感じなかったとして、来場者には今の時代の良識を入り口で忘れるようにアドバイスしている。

 展示は9つのセクションに分かれ、愛の神「エロス」の誕生やしつけから始まる。最後のセクションには、豊かさをもたらすと考えられたり、元気を出すために使われたとされる同性愛や売春などが描かれたつぼなどが展示されている。

 展示の一部には、16歳未満の来場者への警告も書かれているが、館長は「子どもたちが、愛について芸術から学んではいけない理由は分からない」と話し、子どもたちの来場も歓迎するとしている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below