Reuters logo
ギリシャ、財政問題解決に向け行動で示すべき=独連銀総裁
2010年1月21日 / 19:00 / 8年前

ギリシャ、財政問題解決に向け行動で示すべき=独連銀総裁

 1月21日、ウェーバー独連銀総裁(写真)は、ギリシャは財政問題解決に向け行動すべきと発言。昨年4月撮影(2010年 ロイター/Tobias Schwarz)

 [ベルリン 21日 ロイター] ウェーバー独連銀総裁は21日、ユーロの信頼性に問題はないとの認識を示す一方、財政問題に陥っているギリシャについて、言葉による説明をやめ解決に向けた行動に移るべきだと述べた。

 連銀の会合に出席した総裁は記者団に対し「ユーロ圏に通貨(ユーロ)に関する信頼性の問題はない。加盟国のひとつで財政政策に信頼性の問題があり、同国政府は行動する必要がある」と指摘した。

 ギリシャ政府は最近表明した財政政策を言葉よりも行動で示すべきとの考えを示し、同国政府は金融市場関連機関や格付け会社に、その意思と困難な財政再建を進める用意があることを納得させる必要があると述べた。

 財政再建に対しては歳入面からだけでなく歳出面からも取り組むよう求めた。

 欧州中央銀行(ECB)の出口政策については「年内のリファイナンス・オペの正常化を徐々に進めているところだ」とした上で、私見として出口戦略を打ち出したことは明確で、今後も引き続き協議していくとの見通しを示した。

 ドイツ経済について、2009年第4・四半期に景気回復が頭打ちになった可能性は低いとしたうえで、0.7%のプラス成長だった第3・四半期と比べると回復ペースはかなり鈍化したとの見方を示した。

 ユーロ圏経済については「回復は抑制され、長期間にわたるゆっくりとしたペースになると常に述べてきた。全体像は変わらない」と語った。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below