Reuters logo
任天堂4―9月期は当期赤字20億円、円高やゲーム機販売減で
2010年10月28日 / 09:26 / 7年前

任天堂4―9月期は当期赤字20億円、円高やゲーム機販売減で

 10月28日、任天堂の2010年4―9月期の連結営業利益は前年比48%減の542億円となった。写真は2008年12月、同社本社前で(2010年 ロイター/Issei Kato)

 [東京 28日 ロイター] 任天堂7974.OSが28日発表した2010年4―9月期の連結営業利益は前年比48%減の542億円となった。想定を上回る円高進行のほか、ゲーム機の販売不振が響いた。

 売上高は前年比33.7%減の3631億円、当期損益は20億円の赤字(前年同期は694億円の黒字)に転落した。 

 4―9月期の据置型ゲーム機「Wii」の販売台数は497万台(前年同期は575万台)、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」は669万台(同1170万台)で、いずれも減少した。

 2011年3月期の連結営業利益予想は前年比41%減の2100億円を据え置いた。トムソン・ロイター・エスティメーツによる主要アナリスト19人の予測平均2110億円と同水準。

 同社は9月29日、裸眼で3D映像が楽しめる携帯型ゲーム機「3DS」の発売が年明けになると発表するとともに、円高の影響などを織り込んで、通期予想を下方修正していた。

 通期のWii販売台数は1750万台(前年同期は2053万台)、DSは2350万台(同2711万台)で変更しない。下期以降の為替レートの前提は、ドル/円を85円、ユーロ/円が110円。

 (ロイター日本語ニュース 村井 令二)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below