Reuters logo
UCCが家庭用コーヒーを実質20%値上げへ、原料高騰で
2011年1月25日 / 10:20 / 7年前

UCCが家庭用コーヒーを実質20%値上げへ、原料高騰で

 [東京 25日 ロイター] コーヒー最大手のUCC上島珈琲(神戸市)は25日、家庭用レギュラーコーヒーの出荷価格を3月10日から引き上げると発表した。

 新興国の需要増加や天候不順などを背景にコーヒー生豆の国際相場は前年比1.7倍の水準に高騰しており、出荷価格変更や容量変更等を実施し、小売り店の実質店頭価格は約20%上昇することになる。

 業務用レギュラーコーヒーについても、3月から納入価格を順次改定。全国の直営の挽き売りコーヒー店も、1キロあたり200―300円の値上げを実施する。

 UCCでは「コスト増加を吸収すべく企業努力をしてきたが、その範囲を超える水準に至った」と説明している。  

 UCCは、家庭用・業務用レギュラーコーヒー市場でトップシェアのレギュラーコーヒー最大手。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below