Reuters logo
米国務長官「ムバラク政権は安定」、エジプトに自制求める
2011年1月26日 / 08:04 / 7年前

米国務長官「ムバラク政権は安定」、エジプトに自制求める

 [ワシントン 25日 ロイター] エジプト各地で30年にわたって独裁支配を続けるムバラク大統領の退陣を求める大規模なデモが行われたことを受け、クリントン米国務長官は25日、エジプト政府とデモ参加者に自制を求めた。

 1月25日、エジプト各地でムバラク大統領の退陣を求めるデモが行われたことを受け、クリントン米国務長官はエジプト政府とデモ参加者に自制を求めた。24日撮影(2011年 ロイター/Mario Armas)

 同長官は記者団に対し、米国は表現の自由と集会を開く基本的権利を支持するとした一方で、「すべての人に自制を促し、暴力的行為を控えるよう求める」と述べた。また、ムバラク政権は安定した運営を行っており、国民の要求を満たすよう尽力しているとの見解を示した。

 また、米国務省のクローリー次官補(広報担当)は声明で、「(米国は)エジプトやほかの国でも、政治、社会、経済のあらゆる面で改善の機会を作り出すような改革が起こることを望む」と強調。「米国はエジプトのパートナー」であり、「(エジプト国民の政府に対する要求は)平和的な方法で表現されるべきだ」と述べた。

 エジプトでは25日、反政府デモによって政権が崩壊したチュニジアの政変に触発された数万人が各地でデモを行い、治安部隊は催涙弾や放水砲で対応した。

 エジプトはイスラエルと和平に同意した初のアラブ国家だったことから、米国はエジプトを戦略的重要性の高い国と位置づけており、これまでにも多くの援助を行っている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below