Reuters logo
情報BOX:1900年以降発生の大規模地震上位10
2011年3月14日 / 00:43 / 7年前

情報BOX:1900年以降発生の大規模地震上位10

 [11日 ロイター] 1900年以降に発生した大規模地震上位10は以下のとおり(マグニチュード順)。 

 ◎チリ地震(1960年5月22日):マグニチュード(M)9.5、サンティアゴやコンセプシオンを中心に発生。津波や火山の噴火が起き、5000人が死亡、200万人が住居を失う。  

 ◎アラスカ地震(1964年3月28日):M9.2、アラスカ州やカナダのユーコン準州、ブリティッシュコロンビア州に被害。津波で125人死亡、被害額3億1000万ドル。

 ◎スマトラ島沖地震(2004年12月26日):M9.1、津波が発生し、スリランカ、タイ、インドネシア、インドほか9カ国で死者数22万6000人。 

 ◎カムチャツカ地震(1952年11月4日):M9.0、津波が発生しハワイまで到達。死者は報告されていない。 

 ◎東日本大地震(2011年3月11日):M8.9(米地質調査所調べ)。 

 ◎チリ地震(2010年2月27日):M8.8、津波により500人以上が死亡、損害額3000億ドル。 

 ◎エクアドル地震(1906年1月31日):M8.8、エクアドルやコロンビアに被害、津波で死者1000人近く。 

 ◎アラスカ地震(1965年2月4日):M8.7、津波発生。 

 ◎スマトラ島沖地震(2005年3月28日):M8.7、死者数推定1300人。 

 ◎アラスカ地震(1957年3月9日):M8.6、火山が噴火、津波がハワイに到達。 

 ◎チベット・インド地震(1950年8月15日):M8.6、少なくとも1500人が死亡、住宅、寺院など2000棟を破壊。 

 情報源:ロイター/米地質調査所 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below