Reuters logo
中国、12年半ばまでに原発新設計画への承認を再開へ=現地紙
2011年6月27日 / 04:10 / 6年前

中国、12年半ばまでに原発新設計画への承認を再開へ=現地紙

 [上海 25日 ロイター] 25日付のチャイナ・デーリー紙は、中国当局が2012年半ばまでに新規の原発建設計画への審査・承認手続きを再開する可能性があると報じた。中国国務院(内閣に相当)は日本の原発事故を受け、3月16日から新規事業の認可を停止している。

 6月25日、チャイナ・デーリー紙は、中国当局が2012年半ばまでに新規の原発建設計画への審査・承認手続きを再開する可能性があると報じた。写真は、広東省にある原子力発電所。3月撮影(2011年 ロイター/Tyrone Siu)

 記事は原子力エネルギー協会研究所のZheng Yuhui氏の発言を引用し、「認可手続きを1年で再開するというのは楽観的な見通しだが、2年以内の再開は確実だろう」としている。

 中国が現在建設中の原子炉は28基程度で、これは全世界で建設中の原子炉の約40%に当たる。同国政府は過去2年間、速いペースで承認を行ってきた。

 Zheng氏は中国の原子力産業について、今後はより効率的に成長を続けるとの見方を示した。「しかし、プロジェクトの安全性確保のために建設ペースをコントロールする必要がある。それが業界にとっての優先事項だ」としている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below