Reuters logo
米アップル、8ギガの「iPhone4」を発売へ=関係筋
2011年8月23日 / 08:12 / 6年前

米アップル、8ギガの「iPhone4」を発売へ=関係筋

 8月23日、関係者によると、米アップルは、「iPhone4」の廉価版を発売する予定で、アジアのサプライヤーは既に製造を開始している。写真は「iPhone4」の広告。ニューヨークで2月撮影(2011年 ロイター/Mike Segar)

 [台北/香港 23日 ロイター] 米アップル(AAPL.O)は、「iPhone4」の廉価版(8ギガ)を発売する予定で、アジアのサプライヤーは既に、製造を開始している。事情に詳しい2人の関係者が23日述べた。

 関係者は、情報がまだ公になっていないことを理由に、匿名を条件に述べた。

 関係者の1人は、韓国企業が8ギガ「iPhone4」のフラッシュドライブを製造していると述べたが、企業名は明らかにしなかった。

 アップルは現在、東芝6502、韓国サムスン電子005930からフラッシュドライブを調達している。アップルはコメントを拒否した。

 サムスンもコメントを拒否した。

 現在の「iPhone4」は2010年6月に発売され、16ギガと32ギガとがある。今年4月にホワイトバージョンが追加された。関係者によると、8ギガの機種は、数週間以内に発売される可能性がある。

 一部のアナリストは、8ギガの「iPhone4」が発売されれば、アップルの新興市場での売り上げ増に寄与する可能性がある、とみる。

 元大証券のアナリスト、ボニー・チャン氏は「新興市場の消費者は、通常150─200ドルする高位機種のスマートフォンから、低・中位機種に乗り換えることを望んでいる。しかし、8ギガのiPhone4が200ドルを下回ることはないだろう。つまりアップルは、新興市場向けに、仕様の劣る全く新しい機種が必要ということだ」と指摘した。

 <「iPhone5」、9月末までに発売か>

 また関係者は、アップルは次世代「iPhone5」の9月末の発売を目指していると述べた。「iPhone5」は、台湾の鴻海精密工業2317と和碩聯合科技(ペガトロン)4938が製造するという。

 関係者によると、「iPhone5」は、「iPhone4」と外見が酷似していることから、「iPhone4S」と呼ぶ向きもある。「iPhone5」は、タッチスクリーンが従来機種より大きく、アンテナの感度も向上、8メガピクセルのカメラを搭載している、という。

 関係者によると、製造する鴻海精密工業と和碩聯合科技の2社は、合わせて最大4500万台の生産能力を準備するよう要請を受けている。

*情報を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below