Reuters logo
ペルーで隕石クレーターを見に行った住民100人が体調不良に
2007年9月19日 / 02:36 / 10年前

ペルーで隕石クレーターを見に行った住民100人が体調不良に

 [リマ 18日 ロイター] ペルーのティティカカ湖近くの町の住民約100人が、先週末出現した隕石(いんせき)のクレーターとみられる穴を見に行った後、頭痛や吐き気を訴えた。当地の保健当局者が18日に明らかにした。

 9月18日、ペルーで隕石クレーター(写真)を見に行った住民約100人が体調不良に。16日撮影(2007年 ロイター/Miguel Carrasco/La Razon)

 大きな衝突音を聞いた住民らが様子を見に行ったところ、プーノ県の人里離れた高原地帯に、幅20メートル、深さ7メートルのクレーターが見つかったという。

 プーノ県の保健当局者は、ロイターに対し「隕石クレーターの近くに行った後、そこから出てきているガスのために吐き気や頭痛を訴えた住民約100人を診察した。人々は怖がっている」と語った。

 現在、ペルーの地球物理学機関の専門家が穴の調査のため、首都リマの1300キロ南の現地に向かっている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below