Reuters logo
「携帯電話爆発で男性変死」は事故隠すためのうそ=韓国警察
2007年11月30日 / 06:44 / 10年前

「携帯電話爆発で男性変死」は事故隠すためのうそ=韓国警察

 11月30日、韓国の採石場で働く33歳の男性作業員が変死体が見つかり、警察と検視担当医が29日に男性の胸元に燃えた状態の携帯電話があったと発表した事件に関し、警察は、被害者の同僚が職場で起こした事故を隠すためうそをついていたと発表した。写真は燃えた携帯電話。28日の提供写真(2007年 ロイター/The Cheongju Heungdeok Police Station)

 [ソウル 30日 ロイター]  韓国の採石場で働く33歳の男性作業員が変死体が見つかり、警察と検視担当医が29日に男性の胸元に燃えた状態の携帯電話があったと発表した事件に関し、警察は30日、被害者の同僚が職場で起こした事故を隠すためうそをついていたと発表した。

 警察が携帯電話のバッテリーが爆発した可能性を捜査していたところ、29日夜になって、死亡した男性と同じ採石場で働く同僚の作業員が、自分が建設用車両をバックさせる際に誤って男性を岸壁に抑えつけて殺害した上で携帯電話の爆発という作り話をしたと自供した。

 検視を行った大学病院の医師は、被害者の男性は胸にやけどをしていたほか、肋骨(ろっこつ)は骨折し、内出血も見られたと述べた。

 地元メディアによると、警察は現在、携帯電話が燃えた原因について、男性を壁に抑えつけた際の強い圧力で燃えたのか、同僚の作業員が故意に燃やしたのかを捜査している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below