Reuters logo
5中銀の流動性ファシリティー導入に関するECB声明
2007年12月12日 / 22:03 / 10年前

5中銀の流動性ファシリティー導入に関するECB声明

 12月12日、米FRB、ECB、英中銀、カナダ中銀、スイス中銀、短期金融市場での圧力緩和に向け入札方式による流動性ファシリティーを一時的に導入すると発表。写真は6日、トリシェECB総裁(2007年 ロイター/Alex Grimm)

 [12日 ロイター] 米連邦準備理事会(FRB)、欧州中央銀行(ECB)、イングランド銀行(英中銀)、カナダ銀行(中銀)、スイス国立銀行(中銀)は12日、短期金融市場での圧力緩和に向け、入札方式による流動性ファシリティーを一時的に導入すると発表した。ECBの声明は以下の通り。

 カナダ銀行(中銀)、イングランド銀行(英中銀)、欧州中央銀行(ECB)、米連邦準備理事会(FRB)、スイス国立銀行(中銀)は12日、短期金融市場で高まる圧力に対応する措置を発表した。

<ECBの決定>

 ECB理事会は、ユーロシステムのカウンターパーティーにドル建て資金を供給する措置をFRBと共同で講じることを決定した。

 ユーロシステムは、入札方式での米ドル流動性ファシリティーに関連し、ECBが受け入れ可能な担保を対象とする期間28・35日の流動性供給オペを2回実施する。

 入札は12月17日と20日。決済は12月20日と27日。

 オペの詳細はECBのウェブサイト(www.ecb.europa.eu)で入手可能。ドルはFRBからECBに対して一時的な相互為替スワップの設定(スワップライン)を通じ最大200億ドル供給される。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below