Reuters logo
当局に死亡者とみなされたポーランド男性、「生存」証明に苦心
2008年1月30日 / 05:01 / 10年前

当局に死亡者とみなされたポーランド男性、「生存」証明に苦心

 [ワルシャワ 29日 ロイター] ポーランド当局の手違いで死亡したとみなされた男性(38)が、生存していることを証明するのに苦労している。ポルコビツェ市出身のこの男性は昨年8月、当局によって溺死したとみなされていたが、男性の葬式の数日後に姿を現していた。

 当局に自分が生存していると主張したものの、現在も公式記録上は「死亡」とみなされており、職に就くこともできなければ、社会保険料も支払えない状況となっている。

 29日付の「選挙新聞」によると、当局にはこれまでのところ、男性が死亡したという記録を修正する意向がないため、男性は税金を支払う必要もないと伝えている。

 

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below