Reuters logo
台湾、台湾企業による中国への投資規制を緩和へ
2008年3月5日 / 05:14 / 10年前

台湾、台湾企業による中国への投資規制を緩和へ

 [台北 5日 ロイター] 台湾行政院は5日、台湾企業による中国への投資に関する規制を緩和すると発表した。

 台湾企業は1990年代初め以来、1000億米ドル以上を中国に投資してきたが、投資の上限が純資産の40%に抑えられていた。

 新たな規制では、40%の上限は、純資産と連結ベースの純資産のうち多い方を用いて計算されることになる。

 台湾企業は以前から、この投資規制や他の規制措置により、中国に進出する他国の企業に比べ競争上不利になっているとして、不満を訴えてきた。

 台湾当局は22日の総統選挙を控え、与党の民進党が有権者の支持を得るため、40%の投資上限や他の規制を緩和する方針を示していた。

 実施日は明らかにされていない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below