Reuters logo
ブッシュ米政権、住宅ローン借り手救済計画を策定=米紙
2008年3月30日 / 22:23 / 10年前

ブッシュ米政権、住宅ローン借り手救済計画を策定=米紙

 3月29日、ワシントン・ポスト紙が米政府関係筋の話として報じたところによると、ブッシュ米政権は物件差し押さえに直面している住宅所有者を住宅ローンの借り換え支援などにより救済する計画を策定している。写真は28日に撮影したブッシュ大統領(2008年 ロイター/Jason Reed)

 [ワシントン 29日 ロイター] 29日付のワシントン・ポスト(WP)紙が米政府関係筋の話として報じたところによると、ブッシュ米政権は、物件差し押さえに直面している住宅所有者を住宅ローンの借り換え支援などにより救済する計画を策定している。

 計画は、住宅価格の下落で、銀行に対し、担保物件の価値を上回るローンを抱える借り手を対象としている。救済案が立法化されれば、米政府が借り手救済に初めて公的資金を投入することになる。

 WPによると、この計画のもと、米連邦住宅局(FHA)は、住宅ローンの貸し手に対し、ローンの一部を放棄し、米政府が保証する代わりに、より低利の新たなローンを提供することを促す。

 米上院銀行委員会のクリストファー・ドッド委員長と下院金融委員会のバーニー・フランク委員長は最近、これに類似したFHAの権限拡大法案を提示している。

 米政府関係筋によると、計画は、ブッシュ大統領が31日からの約1週間の欧州歴訪から帰国するまで発表される可能性は低いという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below