Reuters logo
サッカー=元仏代表DFテュラム、心臓疾患のため引退
2008年8月2日 / 05:51 / 9年前

サッカー=元仏代表DFテュラム、心臓疾患のため引退

 8月1日、サッカーの元仏代表DFテュラムが現役引退を表明。写真は6月のルーマニア戦(2008年 ロイター/Eddie Keogh)

 [パリ 1日 ロイター] サッカーの1998年ワールドカップ(W杯)優勝メンバーの元フランス代表DFリリアン・テュラム(36)が1日、心臓の疾患を理由に現役引退を表明した。

 テュラムは記者会見で「PSGと契約したかったが、リスクは冒せなかった」とコメント。家族を心配させないために引退を決断したと説明した。

 テュラムはフランス1部のパリ・サンジェルマン(PSG)と1年契約を結ぶ予定だったが、6月に行われたメディカルチェックで心臓疾患が発覚。先月には、兄弟の1人が過去にバスケットボールのプレー中に心臓発作で死亡していたことや、ほかの家族も心臓の病気で苦しんでいることを明かしていた。

 今年の欧州選手権を最後に国際試合から退いたテュラムは、フランス代表として通算142試合に出場。2000年にはチームの欧州選手権制覇、2006年にはワールドカップ本戦出場に貢献した。

 テュラムは1990年にモナコでプロ生活をスタートさせ、その後移籍したイタリアセリエAのパルマでは欧州連盟(UEFA)カップ優勝、ユベントスではリーグ優勝を経験。 2006年からスペイン1部のバルセロナに在籍していた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below