Reuters logo
投資法人債市場まひ状態、ニューシティ・レジデンスデフォルトで衝撃
2008年10月10日 / 04:46 / 9年前

投資法人債市場まひ状態、ニューシティ・レジデンスデフォルトで衝撃

 [東京 10日 ロイター] クレジット市場では、ニューシティ・レジデンス投資法人8965.Tが9日に経営破たんしたことで、投資法人債の流通市場は気配すら出せる状況になく、まひ状態に陥っている。

 ニューシティ・レジデンス投資法人は財務内容が比較的良好で、格付けも高めだっただけに、突然の破たんにマーケットは衝撃を受けた。マーケットでは、他のJ─REITへの波及を警戒している。

 格付投資情報センター(R&I)は9日、ニューシティ・レジデンス投資法人の格付けをA+からCCCに13ノッチ引き下げた。J─REITでは初のデフォルト(債務不履行)となる。

 複数の市場筋によると、デフォルトとなったニューシティ・レジデンス投資法人債の気配は観測されていない。「金融市場の大混乱を受けて、価格の適正水準が分かりにくく、投資家やディーラーは動けない状態。流動性が著しく低下しており、気配は出にくい」(銀行系証券)との指摘が出ていた。

 ニューシティ・レジデンス投資法人について、日興シティグループ証券・金融商品本部コーポレート・ボンド・リサーチ・クレジットアナリストの中西貢三氏は「自己資本比率が40%程度と高く、格付けはA+と高めで、財務内容も比較的良好だったJ─REITが突然破たんしたことで、マーケットに与えたショックは大きい」と述べた。

 複数の市場筋は、有担保で十分の借入れ余力があったにもかかわらず破たんした点に注目している。「J─REITに対する金融機関の融資姿勢の厳しさが鮮明になっている」(外資系証券)との見方が出ていた。

 ニューシティ・レジデンス投資法人が発行した投資法人債は、第1回債(発行額140億円、償還2011年2月、私募)、第2回債(120億円、2012年4月、公募)、第3回債(50億円、2014年4月、公募)の計3銘柄・発行残高310億円。

 ムーディーズ・インベスターズ・サービスは10日、ニューシティ・レジデンス投資法人の発行体格付け・無担保長期債務格付けをA3からBa1に4ノッチ引き下げた上で、さらに引き下げ方向で見直すと発表した。

  (ロイター日本語ニュース 伊藤 武文記者)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below