Reuters logo
NY外為市場で円急伸、米財務長官発言が不安あおる
2008年11月12日 / 23:57 / 9年前

NY外為市場で円急伸、米財務長官発言が不安あおる

 [ニューヨーク 12日 ロイター] 12日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが対円で急落。ポールソン米財務長官の発言で経済への懸念が浮上。リスク資産が敬遠され、各国株式市場が下落した。

 11月12日、NY外為市場で円急伸。米財務長官発言が不安あおる。写真は20米ドル紙幣。11日、インドで撮影(2008年 ロイター/Krishnendu Halder)

 ポンドは対ドルで6年超ぶり安値、対ユーロでは最安値をつけた。イングランド銀行(英中銀)が12日発表したインフレ報告で、英国経済が来年、急速に縮小する可能性などを指摘したことに圧迫された。キング英中銀総裁の発言は、追加利下げ観測を強めた。

 テンパス・コンサルティング(ワシントン)のトレーダー、マット・エスティーブ氏は「円が急伸したのは、世界の株式市場が再び圧迫されているためだ。過去1カ月にみたのと同様のトレンド。まさに質への逃避だ」と指摘。「市場が下落すれば、円は上昇し続けるだろう」と述べた。

 ポールソン米財務長官は12日、米金融安定化法について会見し、不良資産救済プログラム(TARP)について「住宅ローン関連資産買い取りはTARPの最も効果的な活用法ではないというのが現段階でのわれわれの評価だ」と金融機関からの不良資産買い取り計画を取り下げる趣旨の発言をした。これを受けた米株市場はダウ工業株30種が下げ幅を拡大、400ドル超、約4.7%急落して引けた。

 マーク・インベストメンツ(カリフォルニア州パロアルト)のアクセル・マーク最高投資責任者(CIO)は「ポールソン長官は、資産価格は明確になるべき、と認識したようだ。それは正しいことだと賛同するが、それ以上に彼の財務長官としての日々がほぼ終わっていることを反映していると思える」と述べた。

 ロイター・データによると、終盤のニューヨーク取引でドル/円は2.8%ドル安/円高の94.97円。ドルは一時94.49円まで下げ、10月28日以来の安値を記録した。

 円は、ユーロやポンド、豪ドル、ニュージーランドドルに対しても上昇。ユーロ/円は2.9%ユーロ安/円高の118.72円。一時118.10円をつけた。

 ポンドは、キング英中銀総裁が追加利下げを示唆したことを受けて対ドルでほぼ3%下げ、2002年以来の安値水準となる1.4942ドルをつけた。(ロイター・データ) 英中銀のインフレ報告は、来年の英国経済が急速に縮小すると予想、インフレ率は1%をわずかに下回る水準まで低下する可能性を示した。

 CMCマーケッツ米国のチーフ為替ストラテジスト、アシュラフ・ライディ氏によると、12日に発表された10月の英失業率が16年ぶりの高水準、7─9月の平均所得伸び率は5年ぶりの低い伸びとなったこともポンド売りに拍車をかけたという。

 ポンドは対ユーロで2.8%下げ、最安値の84.11ペンスとなった。

 ユーロは対ドルで2週間ぶり安値の1.2469ドルまで下げた後持ち直した。9月のユーロ圏鉱工業生産が市場予想以上の落ち込みとなったことがユーロを圧迫した。

 アナリストは、リスク回避の強まり、総じて弱地合いの株式市場、世界的な景気後退懸念が引き続きドルの支援材料となる、とみている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below