Reuters logo
カナダ3月雇用者数は予想以上の減少、失業率は7年ぶり高水準
2009年4月10日 / 02:06 / 9年後

カナダ3月雇用者数は予想以上の減少、失業率は7年ぶり高水準

 [オタワ 9日 ロイター]カナダ統計局が9日発表した3月の雇用統計は、雇用者数がネットで6万1300人減少し、減少幅はロイターがまとめたアナリスト予想の5万5000人減を上回った。

 4月9日、カナダの3月雇用者数は予想以上の減少となり、失業率も7年ぶり高水準に。写真はトロントの金融街で仕事を求める人。先月5日撮影(2009年 ロイター/Mark Blinch)

 内訳では、フルタイム雇用者が7万9500人減少する一方、パートタイム雇用者が1万8200人増加した。

 過去5カ月間の減少幅は、同国がリセッション(景気後退)に陥っていた1982年以来の大きさ。

 失業率は2月の7.7%から8.0%に上昇し、2002年1月以来の高水準となった。

 3月の雇用統計を受けて、利下げ余地に乏しいカナダ銀行(中央銀行)が、景気刺激策としていずれ非伝統的政策を講じるとの見方が強まっている。

 ロイヤル・バンク・オブ・カナダのアシスタント・チーフエコノミスト、ポール・ファーレー氏は「経済状況の悪化を受けて、カナダ中銀は明らかに金融緩和バイアスを維持する見通しだ」とした上で、「問題は、中銀が利下げで対応するのか、もしくはいわゆる信用緩和へと動くのかという点だ。いずれにせよ、金融システムに一段の流動性を供給する方法を模索するのは確実だろう」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below