Reuters logo
中国株は6カ月ぶり安値から反発、流動性ひっ迫で上値重い
2013年6月14日 / 07:43 / 4年前

中国株は6カ月ぶり安値から反発、流動性ひっ迫で上値重い

[香港 14日 ロイター] - 14日の中国株式市場は、ハイテク株や医薬品株がけん引する形で、6カ月ぶりの安値水準から反発した。ただ、流動性にひっ迫感があるなか、取引高は低水準だった。

大型株中心で深セン上場銘柄を含む滬深300指数 は16.83ポイント(0.70%)高の2416.77。上海総合指数 は13.686ポイント(0.64%)高の2162.041。前日は、12月以来の安値で引けた。

中国市場は、今週は取引日が2日間だった。週ベースでは、両指数とも2週連続のマイナスとなり、滬深300指数は2.7%、上海総合指数は2.2%下落した。

中国では短期資金調達コストが2012年始め以来の水準に高騰。トレーダーによると、流動性供給に対する人民銀行の強硬姿勢を背景に金融緩和観測が後退した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below