Reuters logo
物価連動債の1回あたりの発行規模、2000億円から3000億円が妥当=財務省部会の最終報告
2013年6月14日 / 09:38 / 4年前

物価連動債の1回あたりの発行規模、2000億円から3000億円が妥当=財務省部会の最終報告

[東京 14日 ロイター] - 財務省は14日開催した国債市場特別参加者会合と、国債投資家懇談会で、物価連動債の発行再開に関するワーキンググループで検討してきた最終報告書を提示した。報告書は、物価連動債の1回あたりの発行量について、2000億円から3000億円が妥当としている。また、物価連動債の入札頻度は隔月か四半期に一回のペースが妥当との意見が出たほか、今年度中の発行再開が可能との意見が過半数を占めた。

*この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below