Reuters logo
米スミスフィールド 2─4月期は減益、中国の輸入停止受け
2013年6月14日 / 17:42 / 4年前

米スミスフィールド 2─4月期は減益、中国の輸入停止受け

[14日 ロイター] - 豚肉生産米最大手のスミスフィールド・フーズ が発表した第4・四半期(2─4月)決算は、純利益が2970万ドル(1株当たり0.21ドル)と、前年同期の7950万ドル(同0.49ドル)から約63%減少した。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの予想平均は、1株当たり0.43ドルだった。諸費用が増加したほか、脂肪の少ない肉を生産する際に用いた添加物「ラクトパミン」の禁止で中国への輸出が減少した。

同社はすでにラクトパミンの使用を減らし、3月に中国への出荷を再開させた。 ただ中国のほか、同添加物を禁じるロシアへの輸出が二桁減少した。

対日輸出も円安のため減少した。

売上高は3%増の33億2000万ドル、アナリスト予想は32億7000万ドルを見込んでいた。

ただ、販売費用が6%膨らんだ。

海外事業の営業利益率は2%で、前年の6%から低下した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below