Reuters logo
東京マーケット・サマリー・最終(13日)
2013年9月13日 / 07:22 / 4年前

東京マーケット・サマリー・最終(13日)

[東京 13日 ロイター] - 
  ■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>
         ドル/円   ユーロ/ドル   ユーロ/円 
    午後5時現在  99.67/69  1.3291/95  132.48/52
  NY午後5時 99.50/56  1.3299/00  132.34/38

    午後5時のドル/円 は、前日のニューヨーク市場午後5時時点に比べてド
ル高/円安の99円後半。法人税減税に関する一部報道や実需のドル買いなど日本サイド
の要因に加え、米国債利回りの上昇がドルの追い風となり、一時100円に迫った。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<株式市場>

 日経平均    14404.67円(17.40円高)
         14233.12円─14439.93円
 東証出来高   36億6160万株
 東証売買代金  2兆7297億円
    
    東京株式市場で日経平均は小反発。朝方の9月限先物・オプションSQ(特別清算指
数)算出は無難に通過したものの、17―18日の米連邦公開市場委員会(FOMC)を
控えて主要な投資家は様子見姿勢を強めた。米連邦準備理事会(FRB)議長人事をめぐ
る報道でドル/円が100円に接近するなか、プラス圏に浮上したが、上値を追う動きは
限られた。
    
  東証1部騰落数は、値上がり1002銘柄に対し、値下がりが610銘柄、変わらず
が142銘柄だった。
  
 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<短期金融市場> 17時12分現在

 無担保コール翌日物金利                0.070%(速報ベース)
 3カ月物国庫短期証券流通利回り            ──         
 ユーロ円3カ月金利先物(2014年6月限)    99.750(+0.005)
                安値─高値     99.745─99.750

    無担保コール翌日物金利は0.07%中心での取引。主な取り手は、地銀、信託、証
券など。朝方は0.07%を中心に取引されたが、調達一巡後は0.065%に弱含んだ
。準備預金の積み最終日を迎えたが、当座預金残高が過去最高を更新する方向となる中で
調達需要は限られた。レポ(現金担保付債券貸借取引)GCレートは国庫短期証券の発行
要因などで強含み。日銀が実施した国庫短期証券の買い入れ結果は、応札倍率が1.13
倍と前回1.35倍を下回った。利回格差を3カ月ゾーンで利回りに引き直すと、0.0
6─0.065%レベルとなり、非常に強い結果となった。
    ユーロ円3カ月金利先物は小動き。手掛かりとなる材料が乏しい中、連休を控えて様
子見ムードが広がった。    

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<円債市場> 

 10年国債先物中心限月・12月限(東証)   143.58(─0.02)
                安値─高値   143.53─143.63
 10年最長期国債利回り(日本相互証券引け値) 0.720%(変わらず)
              安値─高値     0.730─0.725%
    
    国債先物は小反落。来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えた3連休前で、
ポジションを調整する動きにとどまった。市場参加者の多くは模様眺めとなり、出来高に
厚みを欠いた。現物債も動意薄。超長期ゾーンが、18日の20年債入札が意識され始め
、調整地合いになった。日銀がオファーした残存10年超の国債買い入れオペ結果が甘め
だったことも影響した。中長期ゾーンもさえない。イールドカーブはスティープ化の形状
。
    国債先物中心限月12月限の大引けは、前営業日比2銭安の143円58銭。長期金
利は同変わらずの0.720%。  

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<クレジット市場>

 政保債(地方公)10年 3.5─4.0bp
 銀行債(みずほ) 5年 12─13bp
 地方債(都債) 10年 4.5─5.0bp
 電力債(東電)  5年 280─310bp

  クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場で、指標となるiTraxxJa
panシリーズ19 は動意薄。気配は84─87ベーシスポイント(bp)
と、前日の取引(85.5bp)をはさんだ水準で推移。17―18日開催の米連邦公開
市場委員会(FOMC)を控えているうえ、3連休前ということもあってポジションを組
みにくくなったという。ただ、個別銘柄はクレジット・リンク・ノートやローンの組成需
要を背景に、タイト化が進んだ。

 レポート全文: 
--------------------------------------------------------------------------------
<スワップ市場>
スワップ金利(17時3分現在の気配)

       2年物 0.31%─0.21%
       3年物 0.35%─0.25%
       4年物 0.40%─0.30%
       5年物 0.47%─0.37%
       7年物 0.66%─0.56%
      10年物 0.97%─0.87%

  をクリックしてご覧ください。                  
--------------------------------------------------------------------------------

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below