Reuters logo
ドイツ取引所 、アジアでデリバティブ決済機関設立を検討=関係筋
2013年9月13日 / 02:52 / 4年前

ドイツ取引所 、アジアでデリバティブ決済機関設立を検討=関係筋

[フランクフルト 12日 ロイター] - 関係筋によると、ドイツ取引所 は、新興国市場での証券取引後の処理サービス事業を拡大する取り組みの一環として、アジアでデリバティブ(金融派生商品)取引決済機関の設立を検討している。

ドイツ取引所はコメントを拒否した。

同取引所は欧州域外への事業拡大を目指しており、2月にはレト・フランシオニ最高経営責任者(CEO)が、アジアと中南米での事業拡大に注力する方針を示していた。

関係筋の1人によると、ドイツ取引所はアジアの現地パートナーと組む可能性がある。

また別の関係筋によると、この計画は初期段階にあり、実施に向けた正式な措置はまだ取られていないという。

欧州市場の取引高がさえず、ドイツ取引所は昨年、利益目標を断念した。銀行の規制強化や金融取引税の導入計画によって欧州の取引はさらに圧迫される可能性がある。

同取引所とシンガポール取引所(SGX) は今週、顧客向け証券管理業務での提携を発表した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below