Reuters logo
UPDATE 1-英ILO方式失業率、6―8月は7.7% 失業者の減少数は97年6月以来最大
2013年10月16日 / 09:56 / 4年後

UPDATE 1-英ILO方式失業率、6―8月は7.7% 失業者の減少数は97年6月以来最大

(情報を追加します)
    [ロンドン 16日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)によると、国際労働機
関(ILO)ベースでみた6―8月の3カ月間の失業率は7.7%と、3―5月の7.8
%から小幅低下した。ロイター調査によると、過半数のエコノミストが7.7%を見込ん
でいた。
    ただ、9月の失業者数(失業保険申請ベース)は前月比4万1700人減の135万
1000人と、1997年6月以来16年以上ぶりの最大の減少となり、労働市場が引き
続き回復していることを示した。
    6―8月の失業率は5―7月と変わらなかった。
    
    イングランド銀行(英中央銀行)は8月、英国経済の回復を押し上げるため、失業率
が7%を下回らない限り利上げはしないと表明。2016年第3・四半期までその時期は
来ないとみている。
    ただ、投資家の大半は中銀の予想より失業率の低下ペースは速いと見込んでおり、利
上げは2015年初頭にも実施されると予想している。
    
    詳細は以下の通り。
    
    (単位:特記以外は%)
                     SEPT     AUG               FCAST
    失業者数(前月比増減・人)   -41,700*  -41,600 (-32,600) -25,000
    失業率              4.0       4.2      (4.2)
    失業者数(百万人)        1.351     1.393    (1.402)
    
    (失業者数と失業率は失業保険申請ベース)
    
    ILO方式       JUNE-AUG MARCH-MAY JUNE-AUG '12  FCAST
    失業者数(百万人)   2.487     2.505    2.528
    失業率         7.7       7.8      7.9           7.7
    前期比増減(人)   -18,000   n/a      n/a
    
                       AUG        JULY     FCAST
    ボーナスを含む週間平均賃金    0.7        1.2        1.0
    (3カ月ベースの前年比、%)
    
    * 1997年6月以来最大の減少幅

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below