Reuters logo
上海特区で外資企業の株式発行許可へとの報道、中国当局は否定  
2013年10月16日 / 15:27 / 4年前

上海特区で外資企業の株式発行許可へとの報道、中国当局は否定  

[香港/上海 16日 ロイター] - 中国証券監督管理委員会(CSRC)は16日、上海自由貿易試験区(FTZ)で外資系企業が株式発行を許可される見通しとの一部報道をあらためて否定した。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は14日遅く、関係筋の話として、FTZに登録する外資系企業が管理された環境下で株式発行を認められる可能性があると報道。これまで長らく取り沙汰されてきた上海証券取引所における「国際版」創設の試金石になるかもしれないとしていた。

CSRCはこれに対し、「FTZで要件を満たした外資系企業に株式発行を認めることは計画していないとあらためて否定する」と言明した。

先週10日には証券時報が同様の報道を行ったが、当局はその数時間後にこれを否定している。

外資系企業の本土上場を可能にする国際版構想は2009年にも持ち上がったが、投資マネーが中国企業から外資系企業に流れると懸念した投資家が当時、国内企業の株式から資金を引き揚げ、株式市場が混乱した経緯がある。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below