Reuters logo
中国・香港株式市場・午前中盤=中国株は首相の引き締め示唆で軟調、香港続落
2013年11月5日 / 04:17 / 4年後

中国・香港株式市場・午前中盤=中国株は首相の引き締め示唆で軟調、香港続落

[香港 5日 ロイター] - 
    上海総合指数      前営業日比    売買代金概算
    0320GMT 2137.488     12.146安    372.6億元(上海A株)
    寄り付き    2139.837      9.797安
   前営業日終値  2149.634      0.072高    662.2億元(上海A株)
    
    ハンセン指数 
  0320GMT 23019.98     169.64安    228.1億香港ドル
    寄り付き    23313.61     123.99高
   前営業日終値  23189.62      60.17安    450.9億香港ドル
    
    午前中盤の中国株式市場は他のアジア市場をアンダーパフォームし、香港株もこれに
つれて下げている。週末に始まる中国共産党中央委員会第3回全体会議(三中全会)を前
に、李克強首相が金融引き締めへの政策転換を示唆したことを受けている。
    0320GMT(日本時間午後零時20分)時点で、上海総合指数 は12.
146ポイント(0.57%)安の2137.488。大型株中心で深セン上場銘柄を含
む滬深300指数 は20.791ポイント(0.87%)安の2359.66
3。両指数ともに一時、ここ5営業日の最安値をつけた。
    ハンセン指数 は169.64ポイント(0.73%)安の2万3019.98
。ハンセン中国企業株指数(H株指数) は92.17ポイント(0.86%)安
の1万0593.89。
    
    李首相は10月21日の演説で、中国は1000万人の雇用を創出するために年率7
.2%の経済成長率を維持する必要があるものの、紙幣の追加発行はインフレを引き起こ
すため、追加の刺激措置はより困難になる、との見解を示した。首相はまた、改革が重要
であり、短期的な財政面あるいは金融面の刺激策は持続可能ではない、とも指摘した。演
説の全文は4日公表された。
    交通銀行国際のチーフストラテジスト、ホン・ハオ氏は「首相の発言は市場関係者が
予想していた内容とは異なった。首相の発言は確実にタカ派色を強めており、これは今年
初めの発言からのシフトといえる」と指摘した。
    
    景気敏感株が中国株の下げを主導。本土系金融株の下げが目立ち、中堅の平安銀行<0
00001.SZ>は深センで1.1%安、興業銀行 は上海で2.4%安となっている
。
    中国建設銀行は香港 で1.0%安、上海 で0.9%安。
    一方、HSBCホールディングス は1.4%高。4日発表した第3・四半
期決算が10%の増益となったことが好感されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below