Reuters logo
UPDATE 1-ローム 、今期営業利益予想を15%上方修正 市場予測は下回る
2013年11月5日 / 06:47 / 4年前

UPDATE 1-ローム 、今期営業利益予想を15%上方修正 市場予測は下回る

(内容を追加しました)

[大阪 5日 ロイター] - ローム は5日、2014年3月期連結業績予想を上方修正し、今期の営業利益が従来予想から25億円増加の190億円(前期は9億円の営業赤字)になる見通しを発表した。自動車や産業機器、スマートフォン、タブレット端末向け部品が当面、堅調に推移する見込み。

一方、新たな営業利益予想は、トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト16人の予測平均値201億円を5.8%下回った。

大阪市内での記者会見で澤村諭社長は、上期の実績について、コストダウンや事業構造改革効果で黒字を確保できたとする一方で、利益率は一桁台にとどまっており、業績については「まだまだ本格回復とは思っていない」と話した。

また、デジタルカメラや薄型テレビなどAV機器関連市場は「厳しい状況が続く」と述べ、引き続き自動車市場や海外顧客に向けた販売を強化する考えを示した。

通期売上高予想は従来予想の3000億円から3200億円(前年比9.4%増)、経常利益予想は150億円から245億円(同2.1倍)、当期純利益予想は135億円から170億円(同524億円の当期純損失)に修正した。

13年4─9月期の営業利益は前年同期比3.9倍の103億円だった。主力のLSI(大規模集積回路)事業では、スマートフォン向けのセンサーLSI、タブレット端末向けの電源LSIの販売が好調に推移。売上高は同11.4%増の1679億円となった。

長田善行

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below