Reuters logo
ECB、銀行リスク査定で初回のデータ収集期限を一部延期
2013年11月5日 / 16:52 / 4年前

ECB、銀行リスク査定で初回のデータ収集期限を一部延期

[ロンドン/ウィーン 5日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)が域内銀行の健全性を把握するための前段階として行うリスク査定について、ECBは一部銀行に対し、データ提出の期限延期を認めた。データをそろえる時間が十分でないとの声に対応した形たが、健全性審査の工程全体に変更はないとしている。

欧州の銀行関係筋3人によると、当初の期日は11月中旬までとなっていたが、ECBは、当該行のデータ提出の期日は11月29日までと明らかにした。

ECBの報道官は「収集データの質がなるべく担保されるよう」一部の国家監督当局は初回のデータ収集期限を「多少延期」することが認められているとした上で、「今回の措置が適用されるのはデータ収集に際し当局が困難や問題に遭遇している場合に限る」とし、すべての銀行に適用されるわけではないと述べた。

猶予期限が認められた銀行名は明らかになっていない。

関係筋によると、銀行に提出が求められているのは流動性や資金調達などに関するデータで、ある銀行幹部は、ECBから膨大な量のデータ提出を求められている上に、銀行側で収集していないデータの提出も依頼されていることから「困難を極める」と漏らした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below