Reuters logo
〔金利マーケットアイ〕翌日物は0.065─0.071%中心、資金ニーズ限定的で弱含む方向
2014年2月2日 / 23:42 / 4年前

〔金利マーケットアイ〕翌日物は0.065─0.071%中心、資金ニーズ限定的で弱含む方向

[東京 3日 ロイター] -

〔金利マーケットアイ〕

<08:35> 翌日物は0.065─0.071%中心、資金ニーズ限定的で弱含む方向

無担保コール翌日物は0.065─0.071%を中心に取引されている。主な取り手は地銀、信託、証券など。大手行は0.060─0.065%ビッド。市場では「きょうは資金不足地合いになるが、当座預金残高が高水準を維持する見込みで、資金ニーズは限られている。前営業日比較でレートは弱含む方向にある」(国内金融機関)との声が聞かれた。また、きょうは一部で試し取りが予定されているという。

日銀によると、朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は109兆7000億円、準備預金残高は86兆5000億円程度となる見込み。

<07:18> 翌日物は0.07%中心か、当預残109.7兆円程度見込み

無担保コール翌日物は0.07%を中心に取引される見通し。3日は国庫短期証券の発行要因などで資金不足地合いになる見込み。市場では「月が替わり、財政資金の揚げ超で地銀からの調達需要が強まりやすい時期となるため、朝方は一定の資金ニーズがありそうだ。ただ、当座預金残高は引き続き高水準を維持する見込みにあり、取り一巡後はレートが低下基調になるのではないか」(国内金融機関)との見方が出ていた。

1月31日の翌日物加重平均金利(速報ベース)は、前営業日に比べて0.001%高い0.071%となった。

日銀が朝方の金融調節を見送った場合、当座預金残高は31日に比べて8000億円減の109兆7000億円程度になる見込み。残り所要積立額は3600億円。

国債入札情報

日本相互証券の日中画面

トレードウェブの日中画面

国債引値 メニュー

東証10年物国債先物<0#JGB:>

東証国債先物 メニュー

日本相互証券の国債引値一覧(10年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(20年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(30年債)・入札前取引含む

日本相互証券の国債引値一覧(2・4・5・6年債)・入札前取引含む

日本相互証券の変動利付国債引値一覧・入札前取引含む

日本相互証券の物価連動国債引値一覧・入札前取引含む

日本語債券関連メニュー

スワップ金利動向

ユーロ円金利先物(TFX)<0#JEY:>

ユーロ円金利先物(SGX)<0#SEY:>

無担保コールオーバーナイト金利先物(TFX)<0#JOV:>

TIBORレート

日本証券業協会 短期国債レート・入札前取引含む

日本相互証券 短期国債引け値・入札前取引含む

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below