Reuters logo
UPDATE 1-2014年独成長率予想、1.8%に上方修正 内需に勢い
2014年2月12日 / 15:37 / 4年前

UPDATE 1-2014年独成長率予想、1.8%に上方修正 内需に勢い

(内容を追加しました)

[ベルリン 12日 ロイター] - ドイツの経済技術省は12日、年次報告書のなかで、今年の国内総生産(GDP)成長率見通しを1.8%とし、従来予想の1.7%から上方修正した。貿易が重しになる一方、内需の勢いが増す見込みとした。

来年の経済成長率は2.0%と予想した。

ガブリエル副首相兼経済・エネルギー相は「ドイツ経済は、広範囲にわたる安定的な回復軌道に戻った」と指摘。「国内経済に力強さが見られることは、ドイツのみならず欧州諸国にとっても朗報だ」と述べた。

ただ、金融バブルが周期的に発生し、金融機関が巻き込まれる恐れがあるとの懸念も示した。このことは、経済成長や雇用に相当なリスクとなるため、市場の規制強化が必要と訴えた。

見通しによると、2014年は輸出が4.1%増えるが、輸入の伸び率がそれを上回る5.0%で、GDPの伸びを0.1%ポイント押し下げるとみている。

一方、国内の企業や消費者が景気をけん引し、堅調な労働市場や緩やかなインフレに支えられて個人消費は1.4%増加すると予想、低金利で貯蓄には消極的になるとした。

設備投資は4.0%増、建設投資も3.2%伸びると見通した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below