Reuters logo
次期システム完成は9カ月遅れ16年12月、投資額3000億円台前半に増加=みずほFG社長
2014年3月5日 / 05:42 / 4年前

次期システム完成は9カ月遅れ16年12月、投資額3000億円台前半に増加=みずほFG社長

[東京 5日 ロイター] - みずほフィナンシャルグループ の佐藤康博社長は5日、都内で開かれた投資家向け説明会で、銀行の次期システムの完成時期について、当初予定の2016年3月から9カ月遅れ、12月になるとの見通しを発表した。

遅れに伴い、投資額は当初想定の2500―3000億円から3000億円台前半に膨らむとした。佐藤社長は、遅延の理由について、再度のシステム障害を起こさないために慎重に作業を進める必要があると説明した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below